KNOW

不動産売却時の基本的な流れを知る

不動産売却の流れメイン画像

売却を検討するのはこんなとき

所有の不動産を売ったほうが良いのか、それとも所有しつづけたほうが良いのか迷っている場合、もしくは下記に該当する場合は、一度ノースリアルティにご相談ください。

 相続や贈与で不動産を取得したが利用予定のないとき
 ローン返済が苦しいとき
 住み替えたいとき
 遠方への急な転勤が決まったとき
 一度にまとまった現金がほしいとき
 世帯人数が変わったとき

一般的な流れ

査定依頼

まずは不動産会社に住宅がいくらで売れるのか査定してもらいます。その際はぜひノースリアルティに!と言いたいところですが、査定は複数の不動産会社に依頼することをお勧めします。あまりにも高い金額を提示された場合は少し怪しんだほうがいいかもしれません。
査定には「簡易査定」と「訪問査定」があります。簡易査定は所在地や築年数などの情報が分かれば調べられるので、電話やメールのやり取りだけで売却価格が分かります。ただし実際に売却する際には住宅の状態など細かいところまで考慮するので、簡易査定では正確な金額は出せません。ですから、本格的に売却を考えている場合は不動産会社の担当者が現地に訪問する「訪問査定」を依頼したほうが良いと思います。

下矢印

媒介契約

信頼できる不動産会社を見つけたら、その会社と媒介契約を結びます。媒介契約とは不動産の売却を依頼するための契約です。媒介契約は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」に分けることができます。それぞれの契約にはメリットとデメリットがありますが、専任媒介を選ぶ方が多いです。
「専属専任媒介」:依頼できる不動産会社は1社と決められています。不動産会社が探した人以外とは売買契約を結ぶことはできません。不動産会社は5日営業日以内にレインズ(指定流通機構)に登録し、1週間に1回以上販売状況を報告します。
「専任媒介」:専属専任媒介契約と同じく、依頼できる不動産会社は1社と決められています。不動産会社は7日営業日以内にレインズ(指定流通機構)に登録し、2週間に1回以上販売状況を報告します。専属専任媒介と違い、ご自身で探した人と売買契約を結ぶことができます。
「一般媒介」:依頼できる不動産会社に制限はありません。不動産会社はレインズ(指定流通機構)に登録したり、販売状況を報告する義務はありません。

下矢印

売却価格決定と売り出し

売却価格を決定し、いよいよ住宅(不動産)を売り出します。売却価格は売主が決定しますが、しっかりと調査したうえで根拠を示した査定価格をもとに、不動産会社の担当者と相談し慎重に決めましょう。
不動産会社はチラシやサイトなどさまざまな手段で売却活動を行います。購入希望者は現地を見学に来ますので、売却物件にお住まいのまま売却するのであれば整理整頓はしっかりして、少しでも良い印象を持ってもらいましょう。空家の場合もリフォームなどで印象がかなり違ってきます。

下矢印

購入希望者と売買契約

購入希望者と売却条件を交渉し、その条件で売却するかどうかを決め、合意したら売買契約を締結し手付金を受領といった具合に進めていきます。
合意した購入条件に修繕内容があれば、契約後準備を進めます。

下矢印

残金決済・物件の引き渡し

残代金の受け取り、固定資産税の清算、残債があれば抵当権抹消などの登記申請、鍵の引き渡しを行います。特約が別段なければこの日までに引っ越し、空家の状態にしましょう。

カテゴリー